スターバックスのドリンクカスタマイズを徹底解説するサイトです。初心者の方も常連の方も楽しめる内容になっています。

「ドリンクコーリング」の秘密

「ドリンクコーリング」の秘密

スターバックスでは「コーリング」と呼ばれるパートナー同士のコミュニケーションがあります。
トールエキストラホットラテ」など、巷では呪文などと呼ばれてますよね。
これはレジのパートナーとドリンクを作るパートナーが違うために、注文されたドリンクをバーへと伝える効果と、お客さんに注文したドリンクを確かめてもらう効果があります。スタバの文化として有名ですが、最近ではコーリングを省いたお店もあるのでちょっと寂しいですね。ちなみに海外もあんまりコーリングしません。

実はこの「コーリング」にはちゃんとしたルールが存在し、それにそって皆コーリングしています。新人さんはまずこれを覚えさせられるため結構大変です。

スポンサードリンク


一番最初にくるのは「フォーヒアー」です。これは店内用のマグカップを使うかどうか見分けるもので、紙カップのドリンクとアイスのドリンクにはこのコーリングは付きません。ちなみに持ち帰りの場合は「トゥーゴー」になります。

2番目は「アイス」です。ホットの場合はわざわざコーリングしないのでドリンクがアイスかどうかで付きます。

3番目は「エスプレッソ」の追加変更の有無です。通常レシピと違うショット数になった場合ここでコーリングします。2つになった場合は「ダブル」3つになった場合はトリプルです。

4番目にやっと「サイズ」になります。「トール」や「グランデ」など、そのままですね。

5番目はカスタマイズの内容です。正式な順番は「シロップ」「ミルク変更」「その他カスタマイズ」 の順番ですが、特に混乱するわけでもないので結構緩めです。言いやすいように各自順番を変えてます。

そして6番目に「ドリンク名」となります。ちなみに全く同じ内容のドリンクを複数頼む場合、1番目と2番目の間に数(ツー、スリーなど)が追加されます。

さてさて、では冷たいキャラメルマキアートをショット追加、キャラメルソース多め、グランデサイズで2つ頼んでコーリングしてみましょう。
ツーアイストリプルグランデエキストラソースキャラメルマキアート
どうでしょうか?難しいですね。店員さんは大変です。

全くどうでも良い話ですが、一点購入で一番長いコーリング
シングルショートキャラメルバニラヘーゼルナッツモカホワイトモカクラシックツーパーセントエキストラチップエキストラホイップエキストラチョコレートソースエキストラキャラメルソースエキストラパウダーエキストラトッピングアドローストダークモカチップクリームフラペチーノ
です。(多分)

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on TumblrEmail this to someone
記事を共有する
スポンサードリンク
PAGETOP
Copyright © スターバックスカスタムマニア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.